独立を決断するまで【今までの仕事の魅力】

独立を決断するまで【今までの仕事の魅力】

こんばんは!今回は中小企業診断士として、独立することに繋がった要因の2つ目についてお話します。会社を辞めるといった時、新しくやりたいことがある一方で、今の会社への不満もあるはずです。今日はそこに焦点をあててみます。

 

独立を決断するまで【今までの仕事の魅力】

これは、金融機関で働くことに魅力を感じなくなったためです。

主観ですが、「銀行の付加価値は何か?」と考えたときに、『お金を預金で調達し、それを融資する』言い換えれば『お金を右から左へ流す』という基本機能にあまり付加価値がないと感じてしまったためです。

それに付随して、為替サービスを行っているということは言えますが、ただ資金を移動させているといえばそれまでです。

そして、お金を右から左へ流すことのために、融資をする立場を得て、決算書などの重要な情報を預かります。

そして、審査を経て、融資を行うことで金利収入を得ています。

そして、この手間のかかる審査にも、付加価値がありません。

むしろ、企業の手間を取らせるという意味ではマイナスの付加価値と言えます。

審査ノウハウのない預金者に成り代わって、審査をしているという部分はありますが、何かを生み出しているわけではないです

しかし、お金や情報が集まってくるビジネスであるため、社会的な信用力は非常に高いということです。

 

私は、銀行で働くことで様々な経験をできましたが、上記のビジネスにやりがいがあまり感じられなかったということが、退職の大きな決断の要因です。

お金は非常に大切なものであり、必ず経済を回していくためには必要なものですので、金融機関の存在意義は大きなものです。

それは理解しつつも、それを自分が担うことにやりがいがあるのかと考えたときに、悩んでしまいました。

この点は、人それぞれ価値観ややりがいが違うのだと思います。

私の場合は「銀行という巨大な勢力の後ろ盾を取っ払ったら、自分に何の価値があるのか」わからなくなってしまいました。

銀行に集まった情報などをもとに、それらを加工して、様々な提案などをすることで付加価値を創出すれば話は別ですが、融資という本業以外の業務を本格的に行うことはなかなか難しい部分もあります。

 

金融機関は、カネ余りの今の時代では、非常に収益力が低下しており、これから銀行も変わっていくかも知れませんが、変わるのを待っていても、変わる保証はありません

又、反対にカネ余りではない時代にまた戻るかも知れません。

その時は、『お金を預金で調達し、それを融資する』業務に逆戻りするかも知れません。

そのため、さらなる成長を考えたときに、独立を決断したということです。

 

さて、次回は、そうはいっても会社を辞めて独立するということは、非常に勇気のいることです。

その一歩を踏み出させるものは何だったのかについて、投稿いたします。

独立を決断するまで【将来を見据える】

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です