パレート図の作り方を解説【エクセル2016で】

パレート図の作り方を解説【エクセル2016で】

今日は『パレート図』のエクセル2016を使った作り方について解説していきます。大雑把に作成することができる方は多いのではないでしょうか。しかし『パレート図』は、細かな部分の加工が難しいため、本記事を読んで、完璧にマスターしましょう。また、本記事では『パレート図』をつかった分析時の注意点についても解説していきます。

 

目次

1.パレート図の具体的な作り方の手順

2.パレート図を使った分析のポイント

 

気づき村

パレート図の作り方を解説【エクセル2016で】

1.パレート図の具体的な作り方の手順

今回は画像①のようなパレート図をエクセル2016で作成する方法を投稿します。

パレート図の作り方は非常に複雑なため、多くの他サイトでも取り上げられています。

本記事は、それらをエクセル2016バージョンでまとめ直し、解説していきます。

画像①

パレート図の具体的な作り方の手順

 

まず初めに、画像②のような表を作成します。

累積比率は『セルD6』の式を参考に入力して下さい。

画像②

パレート図の具体的な作り方の手順

 

次に、画像③の赤枠部分を範囲選択し『挿入』『すべてのグラフを表示』の順で左クリックで選択していきます。

画像③

パレート図の具体的な作り方の手順

 

画像④のウィンドウが表示されます。

ここでは『集合縦棒』を選択し『OK』を左クリックします。

画像④

パレート図の具体的な作り方の手順

 

画像⑤のようなグラフができます。

そして、画像⑥のように作成したグラフの青縦棒のどれかを左クリックで選択すると、表に色がつくため、赤丸部分を1行分下へドラッグします。

すると、画像⑦のようなグラフに変わります。

画像⑤

パレート図の具体的な作り方の手順

画像⑥

パレート図の具体的な作り方の手順

画像⑦

パレート図の具体的な作り方の手順

 

次に、画像⑧のようにグラフを左クリックで選択し『デザイン』『グラフ要素を追加』『軸(X)』『第2横軸(Z)』の順で左クリックします。

画像⑧

パレート図の具体的な作り方の手順

 

画像⑨へ遷移します。

赤枠部分の第2横軸のローマ字のいずれかの上で右クリックすると、ウィンドウが表示されるので『軸の書式設定』を左クリックします。

画像⑨

パレート図の具体的な作り方の手順

 

画像⑩へ遷移します。

表示された設定画面で、軸のオプション内にある軸位置設定を『目盛(K)』へ、目盛内にある目盛の種類設定を『なし』へ、ラベル内にあるラベルの位置設定を『なし』に変更します。

画像⑩

パレート図の具体的な作り方の手順

 

次に、画像⑪のように、グラフの青縦棒のいずれかの上で右クリックすると表示されるウィンドウで『データ系列の書式設定』を左クリックします。

画像⑪

パレート図の具体的な作り方の手順

 

画像⑫へ遷移します。

表示された設定画面で、要素の間隔を『0%』へ変更します。

画像⑫

パレート図の具体的な作り方の手順

 

また、画像⑬のように『塗りつぶしと線』の設定画面を表示し、枠線設定を『線(単色)(S)』へ、色を『黒』にします。

画像⑬

パレート図の具体的な作り方の手順

 

画像⑭のように、オレンジ色の折れ線グラフ上で右クリックすると表示されるウィンドウで『データ系列の書式設定』を左クリックします。

画像⑭

パレート図の具体的な作り方の手順

 

画像⑮のように、表示された設定画面の『塗りつぶしと線』のページにて『マーカー』『マーカーのオプション』『組み込み』の順で左クリックします。

画像⑮

パレート図の具体的な作り方の手順

 

次に、画像⑯のように、グラフを選択した状態で『デザイン』『グラフ要素を追加』『軸ラベル』『第1縦軸(V)』の順で左クリックします。

そして、画像⑰のように、再度、同様の手順で『デザイン』『グラフ要素を追加』『軸ラベル』を左クリックし『第2縦軸(Y)』を左クリックします。

画像⑯

パレート図の具体的な作り方の手順

画像⑰

パレート図の具体的な作り方の手順

 

画像⑱のように、表示された軸ラベル上で右クリックすると表示されるウィンドウで『軸ラベルの書式設定』を左クリックします。

画像⑱

パレート図の具体的な作り方の手順

 

画像⑲へ遷移します。

表示された設定画面で『サイズとプロパティ』のページを表示し、文字列の方向を『縦書き』へと変更します。

同様の手順で、第2軸の軸ラベルも『縦書き』へと変更します。

画像⑲

パレート図の具体的な作り方の手順

 

次に、画像⑳のように、グラフの青縦棒上で右クリックすると表示されるウィンドウで『データラベルの追加』を左クリックします。

同じように、オレンジ色の折れ線グラフ上で右クリックすると表示されるウィンドウで『データラベルの追加』を左クリックします。

また、画像㉑のように、オレンジ色の折れ線グラフのデータラベルを見やすい位置へ変更するために、ラベル上で右クリックし『データラベルの書式設定』を左クリック、ラベルの位置を『上』へと変更します。

ここまでの設定でパレート図の完成です。

画像⑳

パレート図の具体的な作り方の手順

画像㉑

パレート図の具体的な作り方の手順

画像㉒

パレート図の具体的な作り方の手順

 

最後に体裁を整えて、本記事の最初に紹介した画像㉓のようなパレート図となります。

画像㉓

パレート図の具体的な作り方の手順

 

2.パレート図を使った分析のポイント

①原因追及

パレート図は、例えば、品質不良などの結果をまとめて、わかりやすくグラフにて表示するものです。

さきほど作成した『パレート図』でいえば、横軸の『A~H』が品質不良名です。

グラフを作成したら、その結果の原因追及が重要になります。

②改善策の策定

そして、原因追及の後は、多発していて減らすべきと判断した品質不良の発生要望策を策定することになります。

忘れてはいけないことは、発生要望策を講じた後に、再度パレート図を作成し、その変化(効果)を確認することです。

③費用対効果を忘れずに

上記の例でいえば、そのそもの品質不良の件数がどの項目も少ない場合は、一番多くなった品質不良でさえも、件数は少ないことになります。

そのような場合、発生を抑制することで得られるメリットが小さくなります。

そのため、費用対効果に留意しましょう。

④件数だけではない

品質不良のケースで言えば、件数が多いから重要で、件数が少ないから放置してもいいとは限りません。

例え件数が少なくても、安全にかかわるものなどであれば、万が一顧客の下で、不具合が顕在化した場合の社会的信頼の失墜という大きなダメージを追うことになります。

そのため『パレート図』を使った分析を行う際は、件数だけではなく、その損害額やリスクの大きさも加味し、どの項目が重要なのかについて、よく検討しましょう。

 

『本日の気づき』

・『パレート図』は、個数や件数といった『結果』を上位のものから順に、グラフで見やすく表示するものであり、その結果につながった要因とそれに対する改善策の策定を行うものである

・『パレート図』による分析は、個数や件数で重要度を検討することになるが、それ以外の視点で「重要なものはないか?」、よく検討しなければならない

 

気づき村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です