広告宣伝・商品開発の市場調査【キーワードプランナー】

広告宣伝・商品開発の市場調査【キーワードプランナー】

今日は、引き続き『広告宣伝』や『商品開発のアイデア出し』をする際に使えるツールをご紹介します。前回、消費者がどのようなことに興味を持っているのかや、その興味の変化を捉えるのに有用なツールである『goodkeyword』について、解説しました。しかし、興味を持っている人がいると分かっても、その市場規模を把握しないと、有用かどうかの判断はできませんよね?今日は、その消費者のニーズがどれくらいの規模で存在するのかということを把握するために使えるツールである『キーワードプランナー』のご紹介をいたします。

 

目次

1.『キーワードプランナー』とは

2.『goodkeyword』と『キーワードプランナー』を活用方法

 

気づき村

本記事は、以下の記事を先に読むことをおすすめします。

広告宣伝・商品開発の方法【goodkeywordが使える】

 

広告宣伝・商品開発の市場調査【キーワードプランナー】

1.『キーワードプランナー』とは

『キーワードプランナー』とは、『Google広告』が提供するサービスです。

『Google広告』では、企業などが予算を設定し、その予算内で、自社の広告を『検索エンジン』や『アプリ内』、『Youtube』などで表示することができるサービスを提供しています。

そして、どのようなワードで検索された時に、その広告を表示するかを設定することができます。

そのワードのことを『キーワード』といいます。

キーワードを設定する際、消費者がよく検索しているものがよいため、それを事前に調べることができるのが『キーワードプランナー』というものです。

つまり、『キーワードプランナー』は、『Google広告』というサービスの中にある、1つの機能です。

この記事を書いている時点では、『キーワードプランナー』を使用するだけであれば、実際に広告を掲載するわけではないため、無料で使えます。

『Google広告』へは、以下のリンクから移動することができます。

『Google広告:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

登録手順は、数多くのサイトで紹介しているため、ここでは割愛します。

また、『Google広告』とはどういったサービスなのか、簡単に説明はしましたが、せっかくなので、上記のリンクから、実際に目を通してみるといいと思います。

 

2.『goodkeyword』と『キーワードプランナー』を活用方法

『goodkeyword』と『キーワードプランナー』を活用方法

 

先日ご紹介しました『goodkeyword』では、検索頻度の月毎の推移を見ることができましたが、検索回数はわからないということをご説明しました。

しかし、この『キーワードプランナー』を使うと、ざっくりとではありますが、検索回数を把握することができます。

検索回数が多い『キーワード』を着眼点として、広告や商品開発を行ってみてはいかがでしょうか。

例えば、①『キーワードプランナー』で、ある程度の検索ボリュームがあるものを把握し、②その検索回数の季節変動を『goodkeyword』で把握する。

そして、③消費者が興味がある物や求めている機能、デザインを適切な季節に広告で発信するといった使い方です。

いかがでしたでしょうか。

広告などは絶対的な正解はありません。

全く検索されていないもの(≒この世にないもの)を発信することで、売れることだってあります。

重要なのは、「事前に戦略を練って、その戦略を実行し、結果を検証することです。

今回紹介したツールは、その戦略策定を手助けするものです。

何事も戦略を練らなければ、行き当たりばったりになりますし、成功確率が低いものになってしまいます。

そして、戦略を実行したら「なぜ想定以上の結果が出たのか」、「なぜ想定していた結果が出なかったのか」などを、検証し、次の戦略策定に活かすことが重要です。

この点を意識して、取り組み、その効果を高いものにいきましょう。

 

『本日の気づき』

・『キーワードプランナー』とは、『Google広告』が提供するサービスの中の1つの機能である

・『キーワードプランナー』では、ある『キーワード』が検索エンジンで、検索された回数をざっくりと把握することができる

・『キーワードプランナー』と『goodkeyword』を併用することで、市場規模と需要の季節変動を把握でき、消費者ニーズにあったものを、適切なタイミングで、発信することに役立てることができる

 

気づき村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です