jSTATMAPで距離を測定する方法

jSTATMAPで距離を測定する方法

今日はjSTATMAPの超基本編ということで、距離の計測方法を解説します。まだ登録したばかりでこれから学びたいという方は、手始めにこの手順に沿って操作してみて下さい。

 

目次

1.距離計測の手順

2.徒歩経路 or 車経路距離計測の手順と意義

 

気づき村

 

※本記事の説明に用いている画像は、『政府統計の窓口:https://www.e-stat.go.jp/gis』の『地図で見る統計(jSTAT MAP)』の画面の一部を著作権の関係や説明の便宜上、加工して、掲載しております。

 

jSTATMAPで距離を測定する方法

1.距離計測の手順

画像①のように『計測』という部分を左クリックすると表示されるウィンドウにて、『距離計測』を選択します。

画像①

距離計測の手順

 

そして、地図上で距離を計測したい始点を左クリックし、次に、終点でダブル左クリックします。

これで『距離計測』の右側に、算出された距離が表示されます。

※ダブル左クリックを3地点目以降にすることにより、3地点間以上の計測も可能です。

 

2.徒歩経路 or 車経路距離計測の手順と意義

さて、先ほどの方法は、あくまで地図上の直線距離を計測するためのものです。

しかし、例えばある地点に住んでいる顧客がお店にくるまでの距離を計測する場合、実際は直線ではなく、曲がり角も含めた『道』に沿ってやってきます。

そのため、その距離は直線距離より長い道のりとなるはずです。

 

上記の問題を解決するために『徒歩経路距離』や『車経路距離』計測機能を使ってみましょう。

画像②のように『徒歩経路距離』または『車経路距離』を選択し、始点と終点で左クリックします。

画像②

徒歩経路 or 車経路距離計測の手順と意義

 

すると、2地点間の道に沿った距離が表示されます。

 

いかがでしたでしょうか。

かなり基本的な操作方法について解説しましたが、非常に有用なツールですので覚えておきましょう。

又、この機能では、複数の地点を結んだ『面積計測』も可能ですので、試してみて下さい。

 

本ブログでは、『jSTAT MAP』について他にも沢山解説をしています。

気になる方は以下のリンクからご確認下さい。

jSTAT MAPの完全マニュアル【基礎から応用まで】

 

『本日の気づき』

・jSTATMAPでは、地点間の直線距離だけではなく、実際の道のりを加味した距離を計測することができる

 

気づき村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です