【商圏分析に最適】jSTAT MAPのご紹介

【商圏分析に最適】jSTAT MAPのご紹介

こんばんは。小売業において、重要要素の1つである『立地』について考える際、『商圏』という概念が重要になってきます。例えば新規出店や、既存店のチラシを配布しようと考える際、『商圏』を把握することで、顧客へ有効にアプローチすることができます。そんな時、『jSTAT MAP』というツールがあることをご存知でしょうか?又、知っていても、完璧に使いこなせている自信がない方も多いのではないでしょうか。今日から、『jSTAT MAP』について、基本的な使い方から、応用編まで、徹底解説していきます。今日は、紹介編となります。

 

目次

1.『jSTAT MAP』とは

2.『jSTAT MAP』の登録方法(無料)

3.ログインして、『jSTAT MAP』を開始する

 

気づき村

 

※本記事の説明に用いている画像は、『政府統計の窓口:https://www.e-stat.go.jp/』の画面の一部を著作権の関係や説明の便宜上、加工して、掲載しております。

 

【商圏分析に最適】jSTAT MAPのご紹介

1.『jSTAT MAP』とは

『総務省統計局』及び『独立行政法人統計センター』がインターネット上で提供している無料のサービスです。

無料ですので、使わない手はありません。

エリア別の人口密度を色分けして表示したりすることができます。

※人口密度以外にもある地点から半径〇kmや徒歩〇分圏内の部分にラインを引くなど様々なことができます。今回は紹介編ですが、次回より、その基本的な使い方から応用的な使い方まで、詳細に解説をしていきます。

 

2.『jSTAT MAP』の登録方法(無料)

この記事を開きながら、以下のリンクを別画面で開き、つき合わせながら、読んでいただけるといいかと思います。

政府統計の窓口:https://www.e-stat.go.jp/

リンク先を開くと、画像①のページが開くと思います。

そして、赤で囲っている部分の『新規登録』にて、メールアドレスを入力すると、仮登録手続きが可能です。

仮登録してみましょう。

この後の登録手続きは、指示に従うのみなので、省略いたします。

画像①

『jSTAT MAP』の登録方法(無料)

 

※尚、登録をしなくても、『jSTAT MAP』は利用可能です。しかし、その場合、一旦利用を終了したら、次回再度使う際、前回のデータがなくなってしまいます。何日かに渡り時間をかけて分析する場合は当然駄目になってしまいますし、色々と分析の過程を保存しておくと、別の機会に使う際、便利だったりしますので、登録することをオススメします。又、『jSTAT MAP』は登録さえしておけば、自動保存してくれますが、登録をしていないと、誤って画面を閉じてしまったり、セッションタイムが切れてしまうと、おじゃんになってしまいます。

 

3.ログインして、『jSTAT MAP』を開始する

画像②の画面(先ほどの画面)の赤で囲っている部分の『統計GIS』を左クリックします。

画像②

ログインして、『jSTAT MAP』を開始する

 

すると、画像③に遷移しますので、赤で囲っている部分の『地図で見る統計(jSTAT MAP)』を左クリックします。

画像③

ログインして、『jSTAT MAP』を開始する

 

お疲れ様でした。

jSTAT MAPが起動しますので、画像④のウィンドウで『ログイン』をして、使用することができます。

既にログインしている場合は、気にしないで下さい。

ログインして、『jSTAT MAP』を開始する

 

以下の記事にて、実際の使い方を説明していますので、是非ご確認下さい。

jSTAT MAPの使い方解説【人口密度で色分けして商圏分析を】

 

以下より、機能別の解説記事一覧をご確認いただけます。

jSTAT MAPの完全マニュアル【基礎から応用まで】

 

『本日の気づき』

・『jSTAT MAP』は『総務省統計局』及び『独立行政法人統計センター』がインターネット上で提供している無料のサービスである

・『jSTAT MAP』を使うと、新規出店やチラシの配布エリアを検討する際に必要なデータを視覚化して表示できる

 

気づき村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です