jSTAT MAP応用編【修正ハフモデルで商圏分析】

jSTAT MAP応用編【修正ハフモデルで商圏分析】

今日は『リンクコード』というものを用いて、修正ハフモデルで算出した顧客吸引率を視覚化する方法について解説します。jSTAT MAPを用いた商圏分析ということで、応用編第2弾となります。これをマスターしたら、任意のメッシュに自分が作成したデータを色分けして表示することができるようになります。jSTAT MAPの使い手として高レベルに位置するでしょう。是非読んで下さい。

 

目次

1.『リンクコード』をマスターする目的

2.修正ハフモデルで求めた顧客吸引率を視覚化する手順

 

気づき村

 

※本記事の説明に用いている画像は、『政府統計の窓口:https://www.e-stat.go.jp/gis』の『地図で見る統計(jSTAT MAP)』の画面の一部を著作権の関係や説明の便宜上、加工して、掲載しております。

 

※以下の記事の理解を前提としていますので、本記事を読む前にご確認下さい。

jSTAT MAP応用編【商圏強度法で商圏分析】

 

jSTAT MAP応用編【修正ハフモデルで商圏分析】

1.『リンクコード』をマスターする目的

前回の『jSTAT MAP応用編【商圏強度法で商圏分析】』の記事で解説した方法では、まだ修正ハフモデルの顧客吸引率の視覚化はできません。

何故かというと、修正ハフモデルは『小地域』ではなく『メッシュ』単位で顧客吸引率を表示します。

そして、メッシュデータをエクスポートした際、エクセルに『〇〇町〇丁目』等の地域名がなく、あるセルに入力した値がjSTAT MAP上のどのメッシュに反映されるのかが分からないという問題が発生してしまいます。

 

これを解決するために『リンクコード』というものをマスターします。

『リンクコード』をマスターすることで、任意のメッシュに表示させたい数値を視覚化させることができます。

 

2.修正ハフモデルで求めた顧客吸引率を視覚化する手順

まず、jSTAT MAPでは、画面に表示されている範囲でしか処理を行わないため、地図上で表示させたい位置に移動します。

移動が終わったら、画像①・②・③のように設定していき、地図上に『人口総数』を表示させます。

画像①

修正ハフモデルで求めた顧客吸引率を視覚化する手順

画像②

修正ハフモデルで求めた顧客吸引率を視覚化する手順

画像③

修正ハフモデルで求めた顧客吸引率を視覚化する手順

 

地図上に『人口総数』の表示ができたら、画像④のように『三』マーク、『統計グラフ』を左クリックし、『2015 国勢調査 5次メッシュ(250mメッシュ)その1 人口等基本集計に関する事項 人口総数』の右端にある『︙』を左クリックします。

表示されるウィンドウで『エクスポート』を左クリックします。

画像④

修正ハフモデルで求めた顧客吸引率を視覚化する手順

 

画像⑤に遷移するので、『CSVファイル』を左クリックします。

画像⑤

修正ハフモデルで求めた顧客吸引率を視覚化する手順

 

画像⑥のようにExcelファイルが開きます。

さて、ここまでの手順は細かな部分が違えど、前回とほぼ同じです。

問題はメッシュデータであるがゆえ、このエクセルファイルに『〇〇区〇丁目』などの地域名がないことです。

画像⑥

修正ハフモデルで求めた顧客吸引率を視覚化する手順

 

ここからは、上記の問題を解決する手順を説明します。

jSTAT MAPの画面に戻り、画像⑦のように『三』マーク、『統計グラフ』を左クリックし、『2015 国勢調査 5次メッシュ(250mメッシュ)その1 人口等基本集計に関する事項 人口総数』の右端にある『︙』を左クリックします。

表示されるウィンドウで『データ値の地図表示』を左クリックします。

画像⑦

修正ハフモデルで求めた顧客吸引率を視覚化する手順

 

画像⑧に遷移します。

ここで『リンクコード』と『重なるラベル配置を自動調整』に『✔』して『適用』を左クリックします。

画像⑧

修正ハフモデルで求めた顧客吸引率を視覚化する手順

 

すると各メッシュの上に数字が大量の表示されます。

細かいと思いますので、拡大して確認してください。

この数字が、画像⑥のエクセルファイルの数字と対応しています。

これにより、地図上のメッシュとエクセルファイルのセルを紐付けることができます。

 

ここからは、先日の記事の途中部分からの手順と同じで、エクセルのデータに顧客吸引率を入力していきます。

以下のリンクは、顧客吸引率とは別の例で説明していますが、同じことです。

jSTAT MAP応用編【商圏強度法で商圏分析】

 

いかがでしたでしょうか。

本ブログでは、『jSTAT MAP』について他にも沢山解説をしています。

気になる方は以下のリンクからご確認下さい。

jSTAT MAPの完全マニュアル【基礎から応用まで】

 

『本日の気づき』

・『リンクコード』を用いることで、任意のメッシュに好きなデータを視覚化することができる

 

気づき村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です