jSTAT MAPの機能解説【表示間隔・透過率・色変更】

jSTAT MAPの機能解説【表示間隔・透過率・色変更】

今日は、『jstat map』で、色分けを何段階で、又、どのような透過率で表示するのかや、表示色を変更する方法について解説します。自動で作成されたものではなく、より洗練された見た目やデザインにこだわりたい人も多いのではないでしょうか。そういった方は、ぜひ、読んで下さい。

 

目次

1.準備

2.表示間隔・透過率・色変更の方法

 

気づき村

 

※本記事の説明に用いている画像は、『政府統計の窓口:https://www.e-stat.go.jp/gis』の『地図で見る統計(jSTAT MAP)』の画面の一部を著作権の関係や説明の便宜上、加工して、掲載しております。

 

jSTAT MAPの機能解説【表示間隔・透過率・色変更】

1.準備

今回は、画像①~③のように設定して表示させたものを例にご説明します。

他の設定でも結構です(その場合は、飛ばしてください)。

画像①

準備

画像②

準備

画像③

準備

 

2.表示間隔・透過率・色変更の方法

画像④をご覧ください。

『三』マークを左クリックすると、画面左に、設定されているデータの選択メニューが開きます。

先程設定したデータは『統計グラフ』なので、『統計グラフ』を左クリックすると、『2015 国勢調査 5次メッシュ その1 人口等基本集計に関する事項』があるので左クリックします。

『2015 国勢調査 5次メッシュ その1 人口等基本集計に関する事項』の右側に、『︙』があるので、そこを左クリックします。

表示されるウィンドウで『グラフプロパティ』を左クリックします。

 

画像④

表示間隔・透過率・色変更の方法

 

画像⑤に遷移します。

ランク種類の項目を『個別指定』にします。

 

次に、ランク数を1~10で選択します。

今回の例でいえば、人口総数の色分けを何ランクで行うかを設定できます。

 

その下にある透過率を5~100%の中で選択します。

値を高くすると色が透け、背後にある地図がより見えるようになります。

 

ランク色は、個別を選択すると、先程設定したランク数毎に、好きな数値間隔と色を設定できます。

特に数値間隔は、初期設定だと中途半端な数値の分け方になっているため、修正することをオススメします。

※グラデーションを選択すると、先程設定したランク数分、色をグラデーションで表示することができます。

 

画像⑤

表示間隔・透過率・色変更の方法

 

いかがでしたでしょうか。

非常に簡単に設定を変更できるので、是非試して見て下さい。

 

本ブログでは、『jSTAT MAP』について他にも沢山解説をしています。

気になる方は以下のリンクからご確認下さい。

jSTAT MAPの完全マニュアル【基礎から応用まで】

 

『本日の気づき』

・ランク数を1~10で設定できる

・透過率を5~100%で設定できる

・ランク数に応じて、好きな数値間隔と、それに対応した色を設定することができる

 

気づき村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です