中小企業診断士のおすすめ勉強法

中小企業診断士のおすすめ勉強法

こんばんは。今日は、中小企業診断士の勉強法について投稿します。今回の内容は、1次試験の7科目という非常にボリュームのある学習をいかにして進めるかについてです。7科目のボリュームに圧倒されて、どのように学習を進めたらいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ご紹介する方法は、診断士の学習以外にも同じように使えるため、参考にしてみて下さい。

中小企業診断士 2次試験 vs 養成課程【養成課程編】

中小企業診断士 2次試験 vs 養成課程【養成課程編】

こんばんは。前回、経営コンサルティングの国家資格である中小企業診断士について、1次試験に合格した後、2次試験+実務補修を経て資格取得をすることについて投稿しました。今日は、同じく1次試験に合格した後、養成課程を卒業して資格を取得することによるメリットとデメリットについて、お話し、両者の違いを鮮明にしたいと思います。

中小企業診断士 2次試験 vs 養成課程【2次試験編】

中小企業診断士 2次試験 vs 養成課程【養成課程編】

こんばんは!今日は経営コンサルティングの国家資格である中小企業診断士について投稿します。さて、この資格、珍しいことに取得する方法は2種類あり、共通するのは7科目で構成される1次試験に合格することです。そして、合格した場合に、2次試験合格+実務補修を経て取得する方法と、養成課程と呼ばれる学校に通って卒業し、取得する方法があります。今回は両者の違いについて、2回に分けて投稿したいと思います。ちなみに私は養成課程を卒業し取得しました。今回はまず、2次試験(+実務補修)についてです。

頭のいい人とは【天才・秀才】

頭のいい人とは【天才・秀才】

今日は秀才や天才など、頭のいい人がどのような人なのかについて考えてみたいと思います。皆さんにとって、頭のいい人とはどのような人でしょうか?暗算ができる人や、記憶力に優れている人、頭の回転が速い人など様々だと思います。今回は、私にとっての頭がいい人とはどのような人かについて綴ります。

経済学の世界と現実世界が乖離している理由

経済学の世界と現実世界が乖離している理由

皆さん、経済学の書籍は読んだことがあるでしょうか?私はよく読んでいました。経済学は非常に論理的な学問で、そのような考え方が好きな方や身に着けたい方にはピッタリだと思います。又、日済新聞などに書いている経済の記事で、政府や日銀が行う様々な施策の実施理由が分かってきて面白い学問です。初心者でも読めるものはたくさんあります。さて、読んだことがある方は、必ず疑問に感じた部分があると思います。私も最初は非常に感じました。それはというと、「こんな完璧な世界ないだろ…」ということ。今日はその疑問にお答えします。

特別償却・一括償却のメリット【単なる税の繰越ではない】

特別償却・一括償却のメリット【単なる税の繰越ではない】

記念すべき第1回目の話題は、特別償却のメリットについてです。特別償却と聞くと、節税というワードが浮かぶかも知れません。一方で、節税というより、ただの税の繰越ではないかと感じると思います。そのような中、今回は、特別償却を例に、その本当のメリットについて、考察してみます。